2012年03月31日

夢に向かって

先週のファミリー(メンバーが集まって多言語を楽しむ場)にR子ちゃんが来てくれて、10か月間のフランス高校留学の体験を話してくれました。

学校で友達作りをするのに「飴ちゃん作戦」をした話とか、フランス食生活の話とか・・・。
楽しげに話してくれたけど、現実、最初の数ヶ月はフランス語が分からない状況の中で本当に大変だったんだってもうやだ〜(悲しい顔)

でも、分からないところから始まるからこそ、分かった時の喜びはひとしおグッド(上向き矢印)自分の少しずつの変化や成長が、より一層感じられてとっても嬉しかったそうです。

そんなことを話しながら、この夏からのアメリカ留学を控えて不安になっているKちゃんにエールを送って
くれたR子ちゃんは、堂々としていて以前とは違う!ぴかぴか(新しい)
苦労を乗り越えてきた自信が人を大きくしてくれるんだなぁと、つくづく感じました。

高校を卒業して、この春から服飾関係の学校に進むR子ちゃん。自分の中に大きな力を得て夢に向かう姿は素敵だねハートたち(複数ハート)
ヒッポで出会った人たちを見ていると本当にそう思います。
これから育っていく青少年たちにも色んな可能性が広がっていると思うと楽しみだなるんるん
posted by ゆ〜みん at 22:27| Comment(0) | 多言語で子育てしてみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月15日

青少年だけを集めて合宿してみました♪

3月10〜11日に、小3〜大学生までの柏・松戸のヒッポメンバーだけで
合宿をしました。
テーマはずばり 「自立」ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
持ち物から全部自分で考え、二日間の過ごし方も子ども達で決めました。
中高生は、部活や塾でなかなか早くは集まれないので、一日目の6〜9時に
中高生タイムを作り、中味は4日(日)の夜に集まって考えました。
RCS話し合い.JPG
大人は一切口を出さないで、見守るだけ。
かなりハラハラもしたけれど、それぞれに色々なことをみつけたようです。

二日目に、大学生のお兄さんが、
自分が今みつけていること・感じていることを話してくれたんだけど

「小学校の先生に向けたアドバイスを聞いたことがあるんだけど、
相手を子ども扱いして話すんじゃなくて、大人子ども関係なくきちんと
伝えてあげたほうがいいと思って」
と、かなり深い話をしてくれました。
青少年合宿DSC_0038.JPG

20分くらいだったけれど、皆、しっかり聞いていてビックリexclamation×2

私が一番心に残ったのは、
「人と仲良くなるのに大切なのは、アセプタール(英語だとaccept)
だと思うんだけど、それって、周りの人をうけいれるには、
自分のこともまるごと受け入れられなければ、出来ないことだと思う…」
という話かな。

ちなみにこれがその大学生のお兄さん
goritokidz.JPG

子ども達それぞれの感想も素晴らしくてぴかぴか(新しい)

それはまた次に誰か書いてね黒ハート
posted by 多言語くん at 09:18| Comment(0) | 多言語で子育てしてみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月21日

これが環境の力!

先日、二女(小3)とお風呂いい気分(温泉)に入っていて、こんなことがありました。
私がシャワーを使って髪を洗っていると・・・
娘「やだ、冷たい、はねた!」
私「あ、かかった?ミヤネヨ〜あせあせ(飛び散る汗)
娘「ケンチャナヨ」
私「すごいじゃんぴかぴか(新しい)
娘「何語?」

これぞ、状況発語exclamation普段の活動では、みんなの前で日本語以外の
言葉を一切口にしない娘ですが、毎週のファミリー(活動)や家で流れる
多言語CDの音がいつの間にか体に染み込んでいて、とっさの韓国語にまさに
ぴったりの返事を返してしまう娘でした。

水道の蛇口からポタポタと落ちるバケツの水がいつしかあふれるように、
娘の口から多言語があふれる日もそう遠くはないかな?と思っている母ですかわいい

posted by ヨリ at 00:10| Comment(0) | 多言語で子育てしてみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。