2012年07月13日

素敵な講演会でした♪

7月7日(七夕)の講演会で、10か月アメリカ留学してきたばかりの高3のさとぴーが40分話してくれました。

日本の高校生活も十分に楽しんでいた彼女だけど、あえて留学にチャレンジした訳。

愛情たっぷりのホスト家族だったけれど、やはり本物の家族の境をこえられない状況に陥った時にさとぴーなりに頑張ったこと。

誰にでもうまく合わせられる性格ゆえに、現地の学生と留学生だけで固まるグループの狭間で、本当に自分がしたいこと、本当の自分ってなんだろう?と悩んだことetc・・・

色々なことを一人で考え、一人で乗り切ってきた彼女の自信みなぎる話と姿には、以前から彼女を知っている人はもちろん、初めて話を聞く人も皆、すごく感動させられていました。

送り出した親も、「目の前の人ときちんと向き合える子に育てたいと思ってやってきた。出発のときから手の届かないアメリカでハプニングがあり、心配しかすることができなかったけど、子どもを信じて待っていた」と話してくれました。

最後に、「アメリカに行く前は、人の役にたてる仕事をしたいって漠然と考えていたけど、今は違うの。だって、やりたいと思ったら、もっともっとすごいことを出来るってわかったから。」と言い切っていたさとぴーはほんとに輝いていました。20120707-001.jpg
posted by 多言語くん at 11:01| Comment(0) | 地域のイベントにいってみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。